音楽八分目

YouTubeの動画と一緒に、音楽を深読みする邦楽インディーズレコメンドブログ!いい音楽がいっぱいあってね。

インディーズを中心におすすめ音源毎日更新するタンブラーもやっております。
「Ongaku Wankosoba」
http://o-wankosoba.tumblr.com/

大森靖子ファンインタビュー

【大森靖子ファンインタビュー】その14 カオスちゃん

大森靖子ファンインタビューその14!

今回は、これまでの神奈川県・栃木県の関東インタビュー遠征を飛び越えて日帰りで北海道まで行って来ました!
お相手は札幌在住のおじさま。
大森さんをビジネスのお手本として、社長という立場で会社経営をしていらっしゃる方!



「多幸感」という言葉、よく音楽への表現で書かれているのを見ますよね。
以前このブログの別のレコメンド記事でちらと書いたことなんですけども、僕自身、その言葉が使われすぎちゃって苦手で。
便利でしょう、多幸感。ついそれで事足りた感じになっちゃうんですよね。

話はさらに少しだけ逸れて、「「ちょっとした幸せを大事にしなよ」と他人に言われるのがムカつく」とTVで水野しずさんが話していたことがあります。
勝手にサイズを決めないでほしい。と。


幸せのサイズってなんなんだろう。
帰り道にカレーの匂いがした。というだけでも涙が流れてしまったりすることもきっとあったりするわけで。そんな言葉では伝えづらい感情の揺さぶられが、いつしか幸せや原動力に変わって人生を変えてしまったりするんですよね、もしかしたら。
ファンインタビューはそんな瞬間をちょっとずつ拾ってきたような感覚です。
そんな感情をここでわざわざ言葉に直して話してくださっているということは、その人にとってその出来事がもたらした幸せは大きなサイズになっているわけで。


そもそも何故札幌まで弾丸スケジュールで行ってきたのか、と言われても特に理由はありません。
単なる思い付きでしたが、インタビュー内で、"種をまく"というキーワードが出てきて腑に落ちました。種をまきたかったのか、僕は。

美味しいご飯と美味しいお酒と生産性のあるようなないような会話、札幌という土地がそうさせたのにも加えて、今回のお相手とのお話はまさに多幸感に満ちたものになりました。
満を持して使ったぞ、この言葉。
ツイッターでは何度も書きましたが、希望しかない。


もう終盤ではありますが、この企画が誰かの幸せに少しでも加担出来ますように。
というのは心のすみっこで思ってるくらいの偽善で、この企画が俺の将来の更なる多幸感に繋がりますように。

ふはは。なんかすみません。
それでは、どうぞ!


カ…カオスちゃん
ふ…ふじーよしたか(音楽八分目)


続きを読む

【大森靖子ファンインタビュー】その13 うつみさん

どーも!
大森靖子ファンインタビュー、その13まで来ました。

まだまだ文字起こしを控えてる方々がいらっしゃるんですが、それらを仕上げたところで個人的にはひと段落なのかな…!と言ったところ。
ひと段落、とはいえ色々やりたいことがひっそり残っているので、まずはこれからも末長くお付き合いお願い致します。


さて、今回はファンになりたての方。よく応じてくださいました。
彼女の言葉を借りると"初心者"の大森ファン。だからこそ見える世界というのもあります。


こんなブログまでたどり着いて観て下さってる方々は、もう既になかなかの深さがあるのではと思っておりますが、見逃してるもの、もしかしたらあったりしませんか?


期せずして先日更新されたばかりの大森さんのブログにも通じるものがある内容でした。



う…うつみさん
ふ…ふじーよしたか(音楽八分目) 



続きを読む

【大森靖子ファンインタビュー】 その12 佐々木コータ さん

まいど!大森靖子ファンインタビューです。


今回のお相手は、卒論マンこと佐々木コータさん。
シンガーソングライターとしての顔も持ちながら、大森靖子を題材に卒業論文を書き上げた経験のある彼が見る大森さん像とは。

気になる卒業論文の概要とともに、それを踏まえて今の大森さんを考察していく回…にしていくはずだったのですが。


インタビューさせていただくにあたって面識のない人がほとんどでして、事前にその方のツイッターやらブログやらを見て、この人とはこんな話が出来そうだなぁっていうのをぼんやり考えたりするのですが、まぁほとんど全てそうはいかなかったんですよね。

どう転んでいくか分からないところにこそ会話の魅力があって、その転んだ先にその人にしかない言葉と輝きと闇があるんじゃないかなと思っています。
話が逸れた先にこそ。


今回はいつになくマジメでいつになく気持ち悪く、いつになくピュア。
そしてやっぱりこれも愛なのです。


さ…佐々木コータ
ふ…ふじーよしたか(音楽八分目)
続きを読む

【大森靖子ファンインタビュー】 その11 このみさん

大森靖子ファンインタビューその11です。
もはや、インディーズレコメンドブログとは。

今回のお相手は、栃木県在住の女性の方。
ちょっとしたインタビュー遠征をカマしたところでしたが、このインタビュー終了後にお土産屋さんであれもこれもオススメしてもらって、お土産を奢ってもらうという稀な体験をさせていただきました。その節はありがとうございます。
あのときのレモン牛乳のチープな嬉しさを忘れちゃいけない。


新生姜ミュージアムでのライブの際、ちょっとしたファン同士の交流会を開催したり、ご自身の経験を生かして大森さんからインスピレーションを受けた洋服を作ったりと、話を聞く限り活動的な一面が印象に残るところですがそこに至るまでのきっかけが面白いところ。

自分の好きなものに対して溢れる野心の部分と、それとは対照的なお茶目な部分、両方の人間味が出てくるようなインタビューになりました。



こ…このみさん
ふ…ふじーよしたか(音楽八分目)

(こんな感じのカッコ内の小さめ文章はインタビュー校正時にこのみさんからいただいた注釈です)
続きを読む

【大森靖子ファンインタビュー】 その10 あつさん

ついにその10まで来ました。けどしれっと通常更新していきます。
個人的には折り返し地点かな…?くらいなところです。

実はまだまだ文字起こしするべき録音を何件か控えていながらも、さらに来月すでに2件予定が入っていて。本っ当ぉーにありがとうございます。
たまにメッセージとかリプライをいただいたりしますが、お言葉に甘えて実生活との兼ね合いを見ながら無理なく更新させていただきすが、忘れられないように頑張っていきます。


今回はあつさんという20代男性の方。


高校生のときに吹奏楽部で学生指揮者をやってたことがあるんですけど、定期演奏会とかの行事前っていうとだいたい顧問の先生やら部長やらと打ち合わせのようなおしゃべりをしていて遅くなるもんなんです。
家が近い部長と二人でひたすらずーっと一緒に帰る時期があったりしたのを今でもたまに思い出すんですけど、言いたいことはがしがし言うキツめな女部長だったので愚痴と悩み相談が絶えないんですよね。

自分自身も人の話を聞くのが元々好きだったので、相槌を打ってるうちに家に着いて…みたいなことがザラだったんですけど、その経験ってたぶんこういうことに生かされてたりするのかなとふと思ったりもしました。
ほどほどに野球部と恋愛して、ほどほどの大学に進学して、ほどほどのメーカーに就職をしたあの部長、元気でやってるかなぁ。あいつ自身は全くほどほどな女子じゃなくて素晴らしい個性があったんだけどなぁ。


そんな高校時代を思い出すインタビューでした。
話の流れでちょっとアレだったので、恒例の推し曲はカットしています。あらかじめご了承下さいまし。


あ…あつさん
ふ…ふじーよしたか(音楽八分目)
続きを読む