出演者紹介もいよいよラストスパート!
バケツドラマーMASAさんについてです!

たまたまYouTubeで知って声をかけさせていただいたところからがキッカケで。
という界隈もなにもない完全に自分の偏見によって、まさに自分にしかできないブッキングになったと思っておりますが、バケツドラマーMASAさんの存在はその肝になるところかと。

この人をライブハウスで観ることが出来るなんて!
まぁまずはこの後載せているライブ映像をご覧くださいまし。



新宿や渋谷の路上から、深夜のクラブイベントまで幅広く活躍している彼。
文字通り、バケツをドラムにして演奏するスタイルなのだけど、彼のライブ映像を見て度肝を抜かされた。




海外のストリートパフォーマーがバケツを始めとした身の回りによくあるものでビートを刻むみたいなパフォーマンスはYouTubeによく神技!みたいな感じで公開されていて、正直目が慣れてしまって。
ただ、彼は違う。

バケツドラムの存在感もさることながら、何よりもパイプで作ったディジュリドゥの個性。この音色だけでクラブミュージックのグルーヴがグッとリアルになる。
踊れるビートだけでなく、フレーズの隙間に垣間見えるエフェクティブな遊び心もポイント。

バケツを始めとした廃材だけでここまでのビートを作り上げる創造力!
子どもの頃、この楽器はこんな音がするんだ!と感動させられたことをこんな形で思い起こされるとは!


毎日更新していたタンブラー「Ongaku Wankosoba」(現在企画に向けて一時休止中)で、この映像にいかに一目惚れしたかを書いたことが縁で、今回のイベントのご参加にも繋がった。

もう本当にこの映像を見つけたときはめちゃくちゃ嬉しかったのだ。こんな人がいるなんて!もっといろんな人が知るべきなのでは!という企画にも繋がる興奮の原体験をさせていただいた。


もちろんうまく出逢うことが出来れば、路上でもパフォーマンスを見ることが出来るのだけど、音響の整った環境で大きな音で浴びるビートというのが何よりもの魅力!
身体を芯から揺さぶられる興奮。夏祭りの太鼓のアレである。こればっかりはライブハウスに足を運ばないと味わうことが出来ないもの。そりゃあどうしたってこのイベントの見どころの一つである。

ぜひ明日、会場でそれを体感しに来て下さい!