タンブラー「Ongaku Wankosoba」を始めてから、バンド名だけ知ってるということが無くなってきた。
気になるバンド、面白そうなバンドは片っ端から動画を見る。
その「面白そう」の基準には様々あるけれど、今回のバンドに出会ったのは楽曲名だった。


「かわいい子はだいたい彼氏がいる」


なんだこれ!最高か!クリック。
そこから始まった。何がキッカケになるかなんざ分からないものだ。


 

今回ご紹介させていただくのはわがままカレッジというバンド。

前述した曲が素晴らしくて、新宿でライブを見てきた。
オールドスタイルのロックンロールとキャッチーさを共存させたような楽曲を中心に、観客と一緒に音楽を楽しもうとする心意気が伝わってくる良いライブだった。



そのライブでも演奏していた、「わがままカレッジのテーマ」が印象的だった。


以前タンブラーにも書いたことなのだけれど、テーマソングだったり、自己紹介ソングのあるバンドが好きだ。
このバンドをやっていて楽しい!だったり、このメンバー最高!だったりが詰まっている楽曲はなんだかこちらも聴いていて楽しい。楽しさのお裾分け。


この曲も例に漏れずそんな楽しさに溢れていた。
タムを中心としたお祭り感あるドラムをイントロに持ってきた後、シンガロング出来るような分かりやすいメロディに心踊らされる。
コール&レスポンスも含めてライブの楽しさがぎゅっと凝縮されたような一曲。



すっかり紹介が遅れてしまった。
今回ご紹介させていただくのは、その「わがままカレッジのテーマ」も収録されている彼らの新譜、「最THE高 e.p.」



artworks-000102427285-budhjd-t500x500


わがままカレッジは、2013年に結成された、都内を中心に活動中の4人組バンド。
ファンキーなアンサンブルと、厚いコーラスが特徴的。
そして個人的に惹かれたのが歌詞からにじみ出てくるような実直さを持ったボーカルだった。



ここで「最THE高 e.p.」にも収録されている、「ロックバンド」という楽曲も合わせて紹介しておきたい。


ロックバンドじゃなくてもいいじゃん
そろそろ音楽辞めてもいいじゃん


しんみりした歌にもなってしまいそうな歌詞。
だけれどもこれを、小気味よいギターのカッティング、厚いコーラス、伸びのあるメロディにちょっとしたブレイクを織り交ぜて、ポップな形で楽しい一曲に仕上がっている。

やっぱり君は拍手が欲しいのかい
やっぱり君はバンドをやるのかい

それでも君はロックバンドが好きかい?


と結ばれる。


ロックはわがままなものだ。何かへの反抗なのだ。
それでもやっぱり音楽は楽しいものでないと。

音楽的なグルーヴも含めて、このバンドはロックの楽しさを提供してくれる。




せっかくなので、ここでライブ映像も。
もちろんこちらも収録されている楽曲。Youtube上の説明欄に歌詞も掲載されているので、あわせてぜひ。




ギターフレーズに合わせた可愛らしいコーラスと共に歌われる、「正直に」
そうか。ロックとは自分を正直に貫くためのわがままなのだった。



音源の一曲目、「とれいんろっく」は、ツイストっぽさを取り入れたひたすらノリの良い楽曲。

電車の中でケンカするサラリーマン
電車の中で見栄を張るマダムたち


電車内の様々な人を描いては、


みんな家庭がある
みんな家庭がある人たち


サビのこの言葉でまとめる。



この曲をきっかけに、当たり前のことを改めて言うことの言葉の強さに気付いた。

少し話は逸れるけれど、漫画やらアニメやらでも単純な思考を持つ主人公ってカッコいい。
どん!!!という効果音とともに、夢とかやりたいことにただただ真っ直ぐ突き進んでいくような人たち。
数々の仲間たちがそんな主人公に付いていくことになるきっかけは、当たり前のことをちゃんと言葉にしているからではないだろうか。


僕は前述した歌詞を聴いて、ハッと驚かされた。「そうだよな!」と。

移動中に音楽を聴く性分なので、まさにちょうど仕事終わりの電車で聴いていたのだった。
歌詞に登場するようないろんな人たちが、疲れたように携帯をいじっていたり、上司と愚痴を言い合ったりしている。
そんな中で聴いたみんな家庭があるという一節は当たり前のようでいて、完全に忘れ去っていたことであった。

夜景の灯り一つ一つの元に誰かの人生があるように、多数の人生を乗せて走っていく電車、すげー!
と感動したのであった。



そうだよな!という感情には二種類ある。
発見(もしくは再発見)の驚きと、共感の嬉しさ。



冒頭で登場した「かわいい子はだいたい彼氏がいる」からは後者の共感の嬉しさが伝わってきた。

ボーカリストの人間性が滲み出てくるものが好きだ。これは前述した、テーマソング、自己紹介ソングが好きという話とも繋がる。

「かわいい子~」は、端的に表すとポップなひがみ。
分かる分かる。。としみじみしながらも、それをひょいっと歌にしてしまうボーカルに惹かれてしまうのだった。
こちらは今回の音源には収録されていないのであるが、名曲であることには代わりないので、最後にこちらの動画も。

 








最THE高ってやつです。
思ったことはちゃんと言葉に出して生きていこう。