素晴らしいタイトル!
真っ直ぐなメッセージと、ボーカルの声との相性の良さに一気に惹きこまれた。
声色の説得力。彼らのことがわかりたくなったので書いてみます。

まずはサビまで聴くべし。

 


今回は最近知ったばかりのバンドのPVをレコメンド。
2007年に結成され、吉祥寺を中心に都内のライブハウスで活動している、THE楽団マーキュリーという4人組ロックバンド。

ライブにはまだ行ったことがないのだけれど、PVが作られた新曲がとってもよかったので、早速映像を。


「わかってやる」
なんて真っ直ぐなタイトルだ! 


 





まずタイトルに惹かれたのが事実。
でもタイトルのインパクトに引けをとらないクオリティで、おちゃめなギターリフやら、一度聴いたら覚えてしまうようなサビやら、聴きどころ沢山。

ボーカルの声色の変化もそんな聴きどころの一つ。
低めのAメロ、じわりと盛り上がりを見せるBメロ、そしてサビと、メロディのもっていき方は定番と言えば定番なのだけれど、それぞれの音程によってなんだか違う雰囲気を持っているようで、聴いていくにつれて「わかっていく」感じがたまらない。
Bメロの展開が個人的には好きなんだけども、声色という面では、やっぱりサビ。
ボーカルの方のツイッターでも話が出たのをちらりと見たけれど、尾崎豊を彷彿とさせる、一瞬のしゃがれっぷりが力強くて頼もしい。
それでもって発する言葉が「わかってやる」なのだから、男臭くてとってもいい。なんてったって本当にわかってくれそうな説得力が伴ってる。




たった一人の誰かさんと わかりあえたらいいのにな

Cメロの最後の歌詞に、心底共感した。
全ての恋愛も友情も、この一文に通ずるんじゃないかなぁ。
たった一行のちょっとした思いが、こういう楽曲として成立するのだから音楽って面白い。

映像ではこの後の大サビで画面に色が浮かび上がる。
照明の関係でずっとモノクロっぽい暗めの雰囲気の映像が、ここまで聴いてやっと彼らの顔や髪型や服装が「わかる」ようになるのもちょっと感動的。



それにしても、このバンドを聴くキッカケになったのも、前回の企画にあたってフライヤーをひたすらばらまいていたときに、少しお話したことでバンド名を知ったからであった。
どこから音楽が繋がっていくかは分からないもんで、勝手にこうやって書かせてもらってる身分でアレだけど、良い曲が聴けてわくわくしております。
とりあえず一度ライブに行かねば。