地獄からやってきた三人組とはまぁなんておどろおどろしい肩書き。
に、対する音楽のギャップ!
実はめちゃめちゃ愉快なやつらなんじゃねぇの?と思ってみたのです。


関西を中心にライブ活動を行っている京都のスリーピースバンド、スキッツォイドマン
キング・クリムゾンのあの曲も思い浮かぶが、精神異常者という意。

地獄からやってきたというなにやらヤバそうな三人組。プロフィールによると悪魔、死体、鬼の三人組らしい。
これはもはや完全にヤバい。
そんなやつらがどんなライブをやっているのかが気になって、YouTubeで探してみた。
それが今回おすすめしたい、「スキッツォイドマンのテーマ」







野外のフリーライブでの映像。明るいところでライブを行うシュールさもさることながら、見かけに反してキャッチーなこの音楽。
ジャズやらファンクやらパンクロックやらを足しっぱなしにしたようなノリのいいビートに沿って展開される彼らの音楽。全員が歌えるというのも面白い。
淡々と演奏するギターとドラムに対して、縦横無尽に駆け回るベーシスト。ちなみにベーシストが死体らしい。一番元気そうだけれど。


子供が悲鳴をあげながら見ているところ。ここに彼らのエンターテイメント性が伺える。
怖さとか不気味さがあれども、好奇心が勝るのは何故か。
見た目に反した、音楽やプレースタイルからにじみ出る「なんかこいつら実はいいやつそうじゃん」感。
なんだか近寄りがたい部分はあるけれど、でも見ていたくなるおどろおどろしさというのは見世物小屋とかサーカスにも通ずる部分があるかも知れない。
そんな見世物小屋感とかサーカス感を演出するキャラクター(とか言ったら怒られてしまうかも)に徹している姿は、観客を魅了するに十分である。


いくつもライブ動画を見たが、中盤のコール&レスポンスが一番秀逸だったこの動画をチョイスさせてもらった。
一目見たときの衝撃という部分では、路上のフリーライブという環境とも相性抜群であっただろう。

ライブというものは観客がいる以上、決してバンド側からの一方通行では成立できず、観客の反応次第で如何様にも評価が変化する面白さがあると思う。演奏が上手かったり楽曲もよかったと感じても、観客の反応がイマイチだとなんだかパッとしない印象を受けることもあったりするものである。
この映像はその逆。観客の気持ちを徐々に掴んでいくのが伝わってきて、第三者として見ているこちらとしても朗らかな気持ちになった。
きっと見ていた人たちはいい気持ちで帰っただろうし、強く思い出として刻まれたのでは。当たり前のようでこれがなかなか出来ない。


実際に見ていた人も、この動画を見終わった人も、結局このフレーズだけでもリフレインしているのでは。

スキスキ大スキ スキッツォイドマン!

まんまとこの世界に取り込まれてしまったようだ。