仙台のバンドながら、渋谷のライブハウスでフェスティバルを企画!
最終日だけ参加することが出来たので、雑多な文章で雑多に思い出を記録。

DSC_0233





雨先案内人というバンドの企画に遊びに行ってきた。





彼らの楽曲「友達をつくろう」をそのままタイトルとして採用したフェスティバル。
渋谷La.mamaで4日間(!)通して行われたお祭りの、最終日でした。

雨先案内人のベース担当斎藤ぽんちょが作成したらしいバンドメンバーのオブジェが会場を賑やかし、
そこかしこにカラフルな風船が飾られていて、一面祝祭感に溢れていた。





「壊れかけのテープレコーダーズ」
いくつもの新曲を引っさげた攻めのセットリスト。
本当に新しく生まれる曲の数々のクオリティが高く、どんどん楽しみが増えているバンド。
今回発売のシングルにもなった「踊り場から、ずっと」が鳴り止まない。そのシングルがライブハウス先行販売をしてたので、買うために来たと言っても実は過言ではなかった。
雨先案内人が妖怪バンドと呼ばれているけれど、壊れかけも妖怪っぽいと思うのは自分だけかしら。
妖怪というか、より都会的な、都市伝説のような、いや、もういいか。


「変装少年」
名前は見たことがあったけれど、初見のバンド。
思ったより歌モノで勝手に驚いた。サビの盛り上がりのメロディが気持ちよい。特に一曲目。どこか懐かしいポップスを感じさせる。歌っていても気持ちいいんだろうなぁ。
ギターの音作りが繊細。もっと轟音かき鳴らすかと誤解しておりました。
ボーカルの方ともお話させていただき、また見に行ってみたいバンド。


「Sentimental Toy Palette」
CDを買ったきり、ライブは見れてなかったので念願。ベースの方のテンションがとても高く、ライブ感を放出していた。
ベースレスのピアノトリオはどう転んでもおしゃれな音作りになりますね。やっぱり「エスケープ」が好き。
感情的な場面になってもどこか憂いを残すボーカルがとても印象的。影があるというか。あり方を問われている感じ。それでいいの?と。


「国吉亜耶子and西川真吾Duo」
音源、ライブともに初見。ドラムの方の適当なMCがたまりません。
みんなのうたでも採用されそうな、ピースフルかつ人類共通のメッセージ性を秘めた音楽だった印象。もう少ししっかり歌詞を聴いておけばよかった。
シンバルに重点を置いたようなドラミングが独特。パワフル、ゴージャスでもあるし、静かな部分での控え目なアクセントにも効果的に鳴っていたような。


「雨先案内人」
しっかり見るのは久しぶり。グランドピアノを用いたゴージャスなセッティング。
ライブハウスでの使用はなかなか制限があると思うけれど、ピアノを用いるバンドはぜひ使ってほしい。やっぱり全然音が違う。「ドレミファソラシド」のピアノソロのお茶目さが増していた。めんこい!
せっかくのピアノなのだから「友達をつくろう」もグランドで聴きたかったなぁとも思う。
いつになくBメロの歌詞が胸を打つ。思ってるだけじゃなんにも伝わらないよ。



備忘録代わりにざっと。

どのバンドからも述べられた雨先案内人への感謝と、常に最前列に近い場所で対バンのライブを見ていた雨先案内人のメンバーの姿。
僕が見られたのは一日だけであったが、4日間きっとこんな相思相愛のフェスティバルだったのだろう。
最終日に他の日の出演者も顔を出していたのは、対バンの企画力だけでなく、雨先案内人の友達力の成せるものであった。いかに彼らが愛されているか、ひしひしと伝わってきて、なんだかこちらも嬉しい。

仙台からやってきた彼ら。東京での友達の輪がここまで大きなフェスティバルを築けるように大きくなっていたというのは、傍目から見ても感動的であった。ダブルアンコールで、ステージにフェスティバルの出演者みんなで上がって「おひさま」を歌っていたのは、本当に心温まる光景として心に残っている。





「友達」という言葉について、各出演者もMCで引き合いに出していた。
友達という存在も、学生の頃はまだ明白であったと思うが、いざ社会に出て不特定多数と関わるようになって、その線引きがより曖昧になっていた。ともだちってなんだっけ?どっからがともだち?
そんなちょっとした壁を、俺ら友達じゃん!と容易くこじ開ける力強さ、素直さ、純粋さがエッセンスになって楽曲に表れているのが雨先案内人の魅力であり、そんな魅力に惹かれた人達がフェスティバルに参加したのだろう。まさに雨先案内人の友達となって。

たしかに、演奏者、観客をひっくるめた参加者みんな、嬉しそうだった。
友達のところに遊びに行くのに、嬉しくないわけないもんね。

DSC_0230