代官山 晴れたら空に豆まいてにて、友人のピアノトリオの演奏を見てきた。
途中からの参加だったけれども、雑感をば。


今回見てきたのは、「花掘レ」という兄弟三人によるピアノトリオ。
ジャジーでどこかノスタルジックなサウンドと、毎回タイトルを掲げるコンセプチュアルなライブが特徴で、今回は初めてライブを見る機会に恵まれた。

サウンドに関しては、「モダンがモダンだった時代のモダンな音」を鳴らしているんだといつも思っとりますが、伝わる自信が全く無いので、Youtubeから抜粋。
分かってくれる人がいてくれたら嬉しい。





今回はそのトリオにさらにゲストボーカルが入って、ちょっと贅沢な編成であった。
仕事終わりに駆けつけたが、間に合わず前半に演奏していた三人でのインストの部分を聞き逃してしまったのがとても悔やまれる。
結局ボーカル入りでカバー二曲とオリジナル一曲が聴けた。


オリジナル曲「カシマシ」面白かった。フランスっぽさ、シャンソンっぽさを漂わせながらせかせか始まるメロディがお茶目でかわゆい。
歌詞、最初はフランス語かなって思ったけど日本語なのね!完全にメロディに騙された。
サビでぐぐっとテンポダウン。雰囲気は一転して歌い上げるようなメロディに変化、それまでのA、Bメロのせかせか具合とのギャップに思わず笑ってしまった。

テンポやら、メロディを思いっきり変えられる発想ってのはやっぱりインスト畑だからなのか。
普通の歌モノをやってる人だとなかなかこういう曲は作りにくいであろうし、自分自身普段はそれこそ歌モノ畑の音楽ばかり聴いていたから、こんなのもアリだよねと目から鱗状態であった。
歌うほうは大変そうだったけども。笑
この日だけの曲になってしまいそうで、なんだか切ない。



歌詞のない音楽というのは、創造性に優れていて、受け手の解釈によって如何様にも変化することができるのが魅力の一つである。
曲自体のイメージも風景を切り取る場合もあれば人間の心情を切り取る場合もあり、様々。

花掘レというバンドは、一つ一つのライブにタイトルをつけ、映像をつける。

演奏する曲は同じであっても、イメージするものが変われば、きっと印象も変わるはずであり、それこそ演奏者の予想しえない解釈も出来てしまったりもする。それでも曲が生きていることには変わりなく、それも踏まえてのインストやアドリブの魅力なんじゃないかと。


その後に公開されたダイジェストを改めて見て、前半の三人でのインスト部分に「どわすれ」というタイトルの公演の魅力が詰まっていたような気がしてやきもきしている。
今回のライブを通して花掘レ自体の魅力は味わうことができたが、やはり最初から終わりまで見ないことには、その公演独自の魅力を味わったことにはならないような気がしている。

前述した歌詞のない音楽の魅力をしっかりと確認したいので、おそらくまた彼らのライブに足を運ぶことになるだろう。

「どわすれ」出来ないインパクトのあるライブでした。



ライブ終了後、少し時間があったので、今回誘ってくれた友人であり、花掘レのピアニストの能くんとお話をした。
「ライブハウスで会えて嬉しい」
自分から真っ先に出た言葉がなによりも本心であった。
音楽をやっている人にはぜひ続けてほしい。ある意味では音楽を諦めてしまった自分はこういうスタイルで音楽を続けていくつもりだ。
自己満足+αの活動ができたらいいなぁ。



最後にダイジェスト映像も。カシマシいいよ。やっぱり。